チベット式

チベットの今、そして深層 by 長田幸康(www.tibet.to)

【本】『チベットの歴史と社会』(上下)(岩尾一史・池田巧編、臨川書店)

先日インスタにアップした通り、『チベットの歴史と社会』上下巻をAmazonで購入。 View this post on Instagram A post shared by 長田 幸康 (@osadayukiyasu) ↑に書いたとおり、こういうのは買えるときに買っておかないと絶版になりかねない、という昔から…

【雑】チベットといえば太陽光発電(Jackeryソーラーパネル&ポータブル電源のテスト)

晴れの日が多く、陽射しが強く、障害物が何もないチベットでは、太陽光発電は古くからおなじみ。昔は(発電じゃないけど)日光を集光してヤカンのお湯を沸かす設備があったり(今でもあるかも)、ずいぶん前から、草原のテントでは昼間ソーラーパネルでバッ…

【本】THANGKA[タンカ] 馬場﨑研二 画集

インスタにアップしたように↓さっそくamazonで購入。 タンカ(チベット仏画)絵師、馬場﨑研二さんの画集がついに出ましたよ♪ ひとまず集大成、ですよね。 View this post on Instagram A post shared by 長田 幸康 (@osadayukiyasu) amazonへのリンク貼って…

【雑】【本】『最悪の予感 パンデミックとの戦い』(マイケル・ルイス )

チベットで高地順応に失敗しそうになっている感じの眠さとだるさ。そして37.1度という中途半端な微熱。副反応はそれだけだった(↓インスタに上げた写真)。ファイザー2回目接種が終わって1週間、目下、抗体産生中(のはず)。 View this post on Instagram A…

【本】永沢哲編著『チベット仏教の世界』(法藏館)

ひさびさにチベット関係のお仕事をさせていただいたのでご紹介。以前サンガから出ていた『チベット仏教』の第二弾です。こちらもサンガから出るはずでしたが、刊行直前に破産。しかし法藏館さんが引き継いでくださるという奇跡によって世に出ました♪ instagr…

【謹賀新年】本年もよろしくお願いいたします。

今年の年賀状です。 View this post on Instagram A post shared by OSADA Yukiyasu (@osadayukiyasu)

【本】『犬の伊勢参り』(仁科邦男著)

そもそも犬のことを調べていたわけではないのだ。コロナ禍の東京イジメでお盆に帰省できない人が多く、お墓参りの代行が盛況だというニュースを目にしたのがきっかけだった。それなら、お寺や神社の参拝代行もあるんじゃないかと思い、調べている中で偶然見…

【本】『遣唐使全航海』(上田 雄)/遣唐使の成功率は?

ナショジオの『メーデー! 航空機事故の真実と真相』は、その名の通り、航空機事故を大真面目に検証する番組だ。なんと現在シーズン18! どんだけ事故が多いんだ。どこかの地球外生命体がこの番組だけを見ていたら、この星の人々はほんの少しの距離を命がけ…

【本】『天平の甍』(井上靖)/鑑真とか遣唐使船とか

『攻殻機動隊SAC_2045』の続きを見ようと思ったら、そういえば『空旅中国』に鑑真の回があったはず、と急に思い出して、NHKオンデマンドをチェック。ドローン空撮が目玉のこの番組、空海・玄奘・茶馬古道など、仏教・チベットを何かとフィーチャーしてくれる…

【本】『失われた旅を求めて』(蔵前仁一)/経堂の南インド料理屋スリマンガラムのミールズのテイクアウト

ひとことで言うと「昔の旅」の写真の本。どれくらい昔かというと、1980〜90年代だ。本書の帯にもあるように「バックパッカーが自由に旅できた時代」。もちろん今だって自由に旅はできる場所は多いのだが、国の発展や政情不安によって、バックパッカーから見…

【本】『三蔵法師の歩いた道』(長澤和俊)/慈恩寺の玄奘塔(埼玉県岩槻)

ひきつづき玄奘関連の本。前回ご紹介した『玄奘三蔵 西域・インド紀行』の訳者による『三蔵法師の歩いた道 巡歴の地図をたどる旅』が到着した。玄奘の求法の旅の足跡を著者自身がたどるという内容。 三蔵法師の歩いた道―巡歴の地図をたどる旅 (プレイブック…

【本】『玄奘三蔵 西域・インド紀行』(慧立・彦悰)

前回に引き続き玄奘関係。『大唐西域記』は玄奘自身が皇帝・太宗のために記した地誌、報告書だった。 tibet.hatenablog.jp 一方、玄奘の旅行記そして伝記として、さらに詳しいとされているのが、弟子によって編纂された『大慈恩寺三蔵法師伝』だ。その前半を…

【本】『ガンダーラ 仏の不思議』(宮治昭)/『大唐西域記』とかウディヤーナのこととか

「仏、全国民にマスク配布へ」とか「仏空母」とか、フランス関係のニュースの見出しを目にするたびに「ホトケが?」と微妙な気持ちになりますよね。なりませんか。そうですか。 さてNHKオンデマンドで昔のNHKスペシャル「文明の道」シリーズを見ていたら、ガ…

【NETFLIX】「アジアに棲む危険生物72種」に「ヤク」が登場!

チベットの動物といえば、もちろんヤク!こちらは2001年、西チベットにて。 あまり危険という印象を持ったことがないが、NETFLIXオリジナル「アジアに棲む危険生物72種」に晴れてノミネートされている。タイトル通り、アジアの危険な生物72種を、なんと12回…

【本】『チベットーー祈りの色相、暮らしの色彩』(渡辺一枝)

NHKオンデマンドで昔のドキュメンタリーを見まくっている。で、いま、アレクサンドロス大王の番組を見ているのだが、ナレーションの「アレクサンドロス」にamazon echoが反応しまくっている外出自粛の夜。 さて、おなじみ渡辺一枝さん。昨年出版された『ツァ…

【本】『パンと牢獄 チベット政治犯ドゥンドゥップと妻の亡命ノート』(小川真利枝)

10年にわたって引き裂かれることとなった、チベット人夫婦のドキュメンタリーだ。夫ドゥンドゥップ・ワンチェンが中国当局に逮捕された。妻ラモ・ツォは、異郷インドで唐突にその報を知る。なぜそんなことになったのか、夫が何をしていたのか、彼女は知らな…

【外出自粛】チベットレストラン「タシデレ」のデリバリーモモ

Netflixで『コンテイジョン』を観ながら書いています。ナショジオの『ホット・ゾーン』もまとめて再見したいものです。といったことはともかく、ひさびさインスタのまとめです。 曙橋に(四谷からも行ける)「タシデレ」というチベットレストランがあります…

【本】『チベットの宗教図像と信仰の世界』

ちょっと前の話だが、インスタに書影だけ掲載した『チベットの宗教図像と信仰の世界』(風響社)を読んだ。 『チベットの宗教図像と信仰の世界』(風響社)。Amazonとかにはまだ掲載されてないようだけど、紀伊國屋書店Webに在庫があったので注文したら、す…

【恒例】チベットものテレビ番組全リスト2019年版

I Love Tibet!ホームページの「チベットものテレビ番組全リスト」を更新。2019年分のデータを加えました。NHKひとり勝ちの時代ですね。ラルンガルの番組をはじめ、なかなか珍しいものを見せてもらった気がします。ちべ者さん、毎度ありがとうございます☆ ↓ w…

【あけおめ】本年もよろしくお願いいたします。

1カ月ぐらいSNSを忘れていたようで、昨日唐突に復帰。 Happy new year!本年もよろしくお願いいたします。。 肉です肉。 なんだか東京は騒がしい年になりそうですが、引き続きよろしくお願いいたします☆ ↓は今年の年賀状です。トンボ付き。

【チベット紀行】1997年と2001年のカム地方タウ(小さな村編)

インスタにアップした写真に解説をつけていこうのコーナー、前回のカム地方タウ(お寺編)に続いて、今回は「村」だ。日本に住んでいるチベット人の(会ったこともない)親族を訪ねてタウに赴き、ニンツォ寺に行ってみたら、案の定、家を知っている坊さんに…

【本】中央チベット聖地完全ガイド『Jamyang Khyentsé Wangpo's Guide to Central Tibet』by Matthew Akester

前々から気になっていた本を入手。2016年に出版されて、たしか最初はデチェン・ペンパのブログ“High Peak Pure Earth”で目にしたんだと思う。どんな本かというと『Jamyang Khyentsé Wangpo's Guide to Central Tibet』(ジャムヤン・ケンツェ・ワンポの中央…

【チベット紀行】1997年と2001年のカム地方タウ(お寺編)

インスタにアップした写真に解説をつけるコーナー。ひきつづきカム。いよいよタウだ。漢語では四川省甘孜州道孚県。何が「いよいよ」かというと、濃い思い出が詰まった場所だからだ。ただし公の場では適当に薄めて話したり、場所をぼやかしたりしているのだ…

【チベット紀行】1997年のカム・ダルツェド(バター茶女子)

インスタにアップした写真に解説つけようのコーナー。今回は1枚だけ。場所はカム地方のダルツェド。漢語では四川省康定。カムの入り口となる都市で、成都から到着すると、ようやくチベットに帰ってきたという気分になれる。標高は2,500mくらいしかないので、…

【チベット紀行】1997年と2002〜2003年のカム・ラガン「草原」編

インスタにアップした写真に解説つけようのコーナー、前回のカム地方ラガン「お寺」編に続き、「草原」編だ。場所はラガンの町から見ると、前回紹介した佛学院の側。距離感はよく覚えてないのだが、町からすぐ歩いて行けるレベルだ。目印は、立派なマニ石の…

【チベット紀行】1997年と2002〜2003年のカム・ラガン「お寺」編

インスタにアップした写真に解説つけようのコーナー、なぜかアムドが続いていたが、大好きなカムに戻ってみよう。場所はカム地方ラガン。漢語では塔公。ダルツェド(康定)からダルドラ(峠)を越え、ゾンシャプ(新都橋)から川蔵公路の北路に入って最初の…

【チベット紀行】1992年と2018年のアムド・レゴン(ゴマルとセンゲション)

インスタにアップした写真に解説つけようのコーナー、ひきつづき。前回のロンウォ寺のある町からロンウォ川を下ると、西岸にニェントクとゴマル、東岸にセンゲションという村がある。それぞれの村に競い合うように寺やチョルテン(仏塔)が建っていて、たっ…

【チベット紀行】1992年と2018年のロンウォ寺(アムド・レゴン)

インスタにアップした写真に解説つけようのコーナー、ひきつづき。場所はアムド地方レゴン(レプコン)のロンウォ寺。漢語では同仁の隆務寺。青海省西寧から南へ200kmくらいだ。1992年当時はバスで5時間くらいかかったと思う。標高2,500mくらいしかない低地…

【チベット紀行】ていうか【香港】1987年チベットに行く途中とか。

インスタにアップした写真に解説つけようのコーナー番外編。香港スイーツといえば許留山(Hui Lau Shan)だ。糖朝は日本に進出してるけど、許留山は未上陸らしい。こちらは2017年、現地からアップした写真。 #now at #Huilaushan, Sheungwan, #Hongkong #now…

【チベット紀行】1987年のラサの空港の近く(懐)

インスタにアップした写真に解説をつけていこうのコーナー、引き続き。今回はこちら。 #Tibetan kids in Gongkar village near #Lhasa airport in 1987 (my firstvisit to Lhasa) なんと30年以上前…。場所はラサの空港のあるコンカル。とてもここに空港があ…