チベット式

チベットの今、そして深層 by 長田幸康(www.tibet.to)

【本】THANGKA[タンカ] 馬場﨑研二 画集

インスタにアップしたように↓さっそくamazonで購入。

タンカ(チベット仏画)絵師、馬場﨑研二さんの画集がついに出ましたよ♪

ひとまず集大成、ですよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 長田 幸康 (@osadayukiyasu)

 

amazonへのリンク貼っておきますね。「馬場崎研二」(「﨑 」じゃなくて「崎」)で検索するとヒットしないので要注意ですね。日本語むずかしい。

↓こういうのもありました。懐かしい。

 

 

【雑】【本】『最悪の予感 パンデミックとの戦い』(マイケル・ルイス )

チベットで高地順応に失敗しそうになっている感じの眠さとだるさ。そして37.1度という中途半端な微熱。副反応はそれだけだった(↓インスタに上げた写真)。ファイザー2回目接種が終わって1週間、目下、抗体産生中(のはず)。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 長田 幸康 (@osadayukiyasu)

で、微熱で仕事に向かない体調だったので読んでいたのが、↑の背景に写っている『最悪の予感 パンデミックとの戦い』(マイケル・ルイス)だ。マイケル・ルイスは『マネー・ボール』や『マネー・ショート』の原作でおなじみ。本当にあったことをドラマチックに伝える系のノンフィクション正統派だ。本書ではホワイトハウスやCDC(疾病予防管理センター)の有名な誰かではなく、「郡の保健衛生官」や「退役軍人保健局の医師」といった無名の人物を主人公として、COVID19との戦いを浮き彫りにしている。よく見つけてきたなあ、こういう人たちを。

約400ページほどあるが、コロナの話は後ろ半分で、前半は豚インフル(新型インフルエンザ)やSARSなどの話。すでにその段階で感染症対策は色々と問題をはらんでおり、ついに新型コロナで顕在化したという流れだ。特に、パンデミックものの映画とかでヒーローぽく描かれがちなCDCがひどい。そのディスられっぷり、ダメっぷりが面白かった。たしかに時々変なこと言う人たちだなあとは思っていたが。

以前、「8割おじさん」こと西浦教授の本も読んだが、結局、大きな組織が非常時に色々とうまく機能せず、ほとんどの物事は合理的にも科学的にも進まないというのは、アメリカも日本も大して変わらないようだ。そんな中で献身的・個性的・ヲタク的な専門家の何人かが出会って戦いに挑んでいく過程は、そのまま映画になりそう。

というか、大真面目な当事者たちが、自分らのグループに「ウルヴァリンズ」みたいな名前をつけたりしていて、やっぱこの人たち好きなんだな、そういうのが。なにかこうアメリカだなーという正義感・価値観を共有して突き進んでいく感じが、ストーリー全体を明るくしてくれている。ゲイツ財団やザッカーバーグのマネーがちゃんと絡んでくるあたりもアメリカの希望だろうか。

現実のパンデミックとの戦いがまだ続いていることもあり、盛り上がって終わるという感じではない。が、主人公が次のステージに、実にアメリカ的にステップアップし、明日を見つめる的な、前向きな終わり方が、これもそのまま映画になりそうだ。最後の最後、池上彰さんの解説で、日本の現実に引き戻されるところも含めて、微熱がありながらも一気に読めてしまった。 

 

【本】永沢哲編著『チベット仏教の世界』(法藏館)

ひさびさにチベット関係のお仕事をさせていただいたのでご紹介。以前サンガから出ていた『チベット仏教』の第二弾です。こちらもサンガから出るはずでしたが、刊行直前に破産。しかし法藏館さんが引き継いでくださるという奇跡によって世に出ました♪

instagramより↓

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 長田 幸康 (@osadayukiyasu)

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 長田 幸康 (@osadayukiyasu)

 

 

 

 

 

【本】『犬の伊勢参り』(仁科邦男著)

そもそも犬のことを調べていたわけではないのだ。コロナ禍の東京イジメでお盆に帰省できない人が多く、お墓参りの代行が盛況だというニュースを目にしたのがきっかけだった。それなら、お寺や神社の参拝代行もあるんじゃないかと思い、調べている中で偶然見つけたのが本書『犬の伊勢参り 』(仁科邦男著)。ちなみに、墓参り代行はすでに過当競争になっているが、代理参拝はまだ本格的にはマネタイズされていないようなので、どなたか趣味と実益を兼ねて、いかがだろうか? そもそも代理でいいのかという疑問はさておき、需要はあるようだ。

犬の伊勢参り (平凡社新書)

犬の伊勢参り (平凡社新書)

  • 作者:仁科 邦男
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 新書
 

そのものズバリの書名。つまり犬がお伊勢参りをしたというお話、しかも実話である。 江戸時代には、みんなでお伊勢参りに出かける「おかげ参り」が全国的に大流行した。猫も杓子もという言葉があるが、犬も伊勢神宮に詣でたという。浮世絵などにも描かれている。

犬のお伊勢参りには、いくつかパターンがあった。オーソドックスなのは、事情があって行けない人が身近な犬に代理参詣(代参)を託したというもの。参詣に行く同じ村の人などに預けるのが一般的だ。これなら別に驚かない。

ステキなのは、犬だけのお伊勢さん単独行! 代参犬だと記した札をぶらさげ、いくらかの旅費をくくりつけて送り出す。すると、お伊勢参りに向かう人たちが見つけ、道中のエサの世話をしながら、宿場から宿場へと送り届けてくれたという。伊勢神宮ではちゃんとお札をいただき、また色々な人たちのお世話になりながら、無事故郷まで帰ってきた。しかも東北地方などの遠方にまで。

中には、村からいなくなった犬が、勝手に伊勢参りに行って帰郷した例もあったという。たまたま人についていったら代参犬だと誤解され、人々の善意によって、図らずも詣でてしまったようだ。

犬の伊勢参り。個人的には、すんなり受け入れられる話だ。犬に信心があったということではなく、人間の側に信心があったのだろう。少し前のチベットには、ほぼ一文無しで聖地巡礼している人がたくさんいた。巡礼者に布施をすることが功徳となるため、だれもが手を差し伸べるからだ。江戸時代の日本にも、そうした信仰心があり、進んで犬を手助けしたのだろう。と想像できる。

しかし、そんなの嘘だろうと思う人も多いようだ。著者は史料をたっぷり駆使して、犬のお伊勢参りは本当にあったんだと明らかにしてくれている。そもそも、犬と僧侶は禁忌とされ、伊勢神宮に近づけなかった時代、僧侶を差し置いて、けっこうな数の犬がお伊勢参りを叶えていたのだ。もう単純に面白い本。

江戸時代には、飼い犬は珍しく、村犬・町犬として、気ままに過ごしていたようだ。明治時代になると犬も管理されるようになり、長距離移動も叶わなくなった。そして、お伊勢参りをする犬は姿を消した。

↓2007年、ラサの北京東路。どこかに運ばれていくチベット犬の哀しげな姿。

 

f:id:ilovetibet:20200829022255j:plain

 

犬の伊勢参り (平凡社新書)

犬の伊勢参り (平凡社新書)

  • 作者:仁科 邦男
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 新書
 

 

【本】『遣唐使全航海』(上田 雄)/遣唐使の成功率は?

ナショジオの『メーデー! 航空機事故の真実と真相』は、その名の通り、航空機事故を大真面目に検証する番組だ。なんと現在シーズン18! どんだけ事故が多いんだ。どこかの地球外生命体がこの番組だけを見ていたら、この星の人々はほんの少しの距離を命がけで移動している…と憐れむのではないだろうか。しかし実際には、ほとんどのフライトは無事に目的地に着く。交通事故に遭う確率のほうがよほど高い。「何も起こりませんでした」という記録が伝えられることはないため、めったにない事故の印象だけが残るのだ。

そこで遣唐使前回の記事でこう書いて逃げたところがある。

鑑真も大変だったが、招きに行く側も大変だった。まず遣唐使船というのが非常に危険だ。というイメージだけで書き進めそうになったが、そこは理系なので、生存率を確認しないではいられない。すると、実際のところはよくわからないらしい。この話は後日あらためて。まあ唐に渡るだけで一苦労だったはずだということに、いったんしておく。 

ずっと昔、7世紀から9世紀の話。船も航海の技術もそんなに進んでなかったんじゃないか。そう想像しがちだが、実際には、とうの昔から「海のシルクロード」によって中国大陸とヨーロッパ・中東は結ばれていた。『天平の甍』にも、インドやペルシャなど異国の船でにぎわう広州の港の様子が描かれている。ただ、もしかして日本だけは遅れていたのかもしれない、という恐れはある。遣唐使は実際のところどうだったんだろう? という実態を明らかにしたのが本書だ。

遣唐使全航海

遣唐使全航海

  • 作者:上田 雄
  • 発売日: 2006/11/25
  • メディア: 単行本
 

書名の通り、遣隋使に続いて始まった最初の遣唐使から、菅原道真が行くはずだった遣唐使が中止されるまで、すべての航海が記されている。 正直、遣唐使について他の本を読んでいないので自信はないが、こうした「すべてまとめました」という試みは初めてのようだ、意外にも!

そもそも、全部で何回なのか、数え方が色々あって、ややこしいらしい。本書では、任命されただけで実行されなかった使節を除き(←当たり前だと思うが)、その他の微妙な回も除いた上で「15回」とカウントしている。

個別の航海の諸事情もそれぞれ面白いのだが、個人的に気になっていたのが成功率。これは端的にまとめられていて、

  • 36隻のうち26隻は無事に日本に帰着(7割強が往復に成功)
  • 人数ベースでは8割強が帰国

どうだろう?
予想以上に成功率が高いと思うのでは?

たしかに空海最澄も円仁も、無事に帰国した。吉備真備(きびの まきび)のように2度往復した者さえいる。ただ「無事でした」とわざわざ記録する者は少ないのだろう。いかに危険な目にあったかを語り伝えるのが人間というものだ。実際、穏やかな航海ばかりではなかっただろうし。

また、私もすっかり誤解していたのが鑑真の渡日。遣唐使船で来日した鑑真は「5度失敗し、6度目で渡日」と言われる。嘘ではない。しかし、3度は海に出る前に発覚して頓挫。1度は近海で座礁した。本格的に(?)東シナ海に出て失敗したのは1度のみだった。しかも遣唐使船ではない。

このように本書は、私が持っていたような通俗的なイメージを含めて、「遣唐使=超危険」といった「通説の誤り」をただしてくれる。たとえば、

通説「日本人は東シナ海季節風の知識を持っていなかったから決死の覚悟だった」

実際「季節風を利用したからこそ成功した」

古くから遣唐使研究者界隈には、どういうわけか、東シナ海における風向きへの基本的な誤解(というか無知)があるという。実際びっくりするほど基本的なことなのだが。こうした研究者の著作を、よりによって司馬遼太郎が下敷きにして『空海の風景』を書いてしまったことが、誤解の定着に輪をかけたというのが本書の主張だ。

もうひとつ興味があったのが、船の形。映画などで何となく見かける「あの形」に根拠はないらしい。出典は遣唐使から300年もたった鎌倉時代に絵巻物に描かれた姿。その時点ですでに想像の産物だろう。

面白いのは、遣唐使として錚々たる人々が大量に派遣されながら、信じられないことに、船の形についての記録がほとんどないということ。乗り物好きの理系とか、旅好きとか、絵が好きとか、ひとりぐらいいなかったのだろうか、よくわからない。「宇宙人の目撃者にかぎって絵が下手である」という都市伝説と、映画『コンタクト 』の名台詞「詩人を乗せるべきだった」を同時に思い出した。

まだまだ興味深いことはたくさんあるのだが、ネタバレが過ぎるのでこのへんでやめておこう。遣唐使はたしかに大陸に学びに行くためのものだったが、だからといって「航海や造船の技術も劣ってました」なんて卑屈にならなくてもいいと、よくわかった。昔から海人族だっていたことだし、技術はすでにあっただろう。なかったとしても、航海や造船こそ真っ先に学ぶんじゃないか、普通。

遣唐使全航海

遣唐使全航海

  • 作者:上田 雄
  • 発売日: 2006/11/25
  • メディア: 単行本
 

 

【本】『天平の甍』(井上靖)/鑑真とか遣唐使船とか

攻殻機動隊SAC_2045』の続きを見ようと思ったら、そういえば『空旅中国』に鑑真の回があったはず、と急に思い出して、NHKオンデマンドをチェック。ドローン空撮が目玉のこの番組、空海玄奘・茶馬古道など、仏教・チベットを何かとフィーチャーしてくれる。鑑真編、やっぱりあった。ナレーションは近藤正臣玄奘編もそうだった。

ご存知の通り、唐の僧侶、鑑真は5回も渡航に失敗し、失明までした上で、6回目でついに来日を果たした。鑑真は自ら日本に赴こうと思い立ったわけではない。招きに行った日本人たちがいるのだ。それが遣唐使と一緒に唐に渡った僧侶たち。そのひとり、普照を主人公にして、鑑真来日の過程を描いたのが『天平の甍』だ。日本人として大変お恥ずかしい話だが、井上靖は初めて読んだ。これまで読まなかったことを後悔している。

天平の甍 (新潮文庫)

天平の甍 (新潮文庫)

  • 作者:靖, 井上
  • 発売日: 1964/03/20
  • メディア: 文庫
 

奈良時代、すでに仏教は伝来していたものの、戒律を正式に授ける戒師がおらず、戒律がないがしろにされていた。税金逃れのために、勝手に僧を名乗る輩もいたりして。本来、10人以上の僧(三師七証)の前で授戒しないと、正式な僧侶とは呼べない。そこで戒師を招かなきゃということで、唐に派遣されたのが興福寺の栄叡(ようえい)と大安寺の普照(ふしょう)だ。

鑑真も大変だったが、招きに行く側も大変だった。まず遣唐使船というのが非常に危険だ。というイメージだけで書き進めそうになったが、そこは理系なので、生存率を確認しないではいられない。すると、実際のところはよくわからないらしい。この話は後日あらためて。まあ唐に渡るだけで一苦労だったはずだということに、いったんしておく。

また、初めから鑑真を招くと決まっていたわけではない。たいした情報もないまま唐に渡ったのだ。まず誰を招くのかから始めて、鑑真に会うまでに実に10年を費やしている。それから鑑真を口説いて、なんやかやで、鑑真来日にまで21年かかった。その間には奈良で大仏が建立されたりして、世の中ずいぶん変わってしまっていた。

さらに大変なのが、唐の国自体が、外国への出国を禁じていたことだ。玄奘も隠れて旅立った。鑑真も高僧だったため、変な動きをすると目立ってしまう。日本へ行こうとしていることがバレないように、という余計な苦労を強いられた。実際、弟子に密告されたりしている。

仮に旅立てたとしても、船が思うように進まない。出発地の揚州からまっすぐ西に向かえば九州のどこかへ着きそうなものだが、一度などは南へ流されて、なんと「中国のハワイ」海南島に流されたりしている。そこから陸路でまた桂林、広州を経て揚州に戻り、再起を図ったというからすごい執念だ。

天平の甍』は、その鑑真の「日本に戒律を、正式な仏教を伝えよう」というモチベーションを深掘りしているわけではない。鑑真は本心をあまり語らない師として描かれている。重きを置いているのは、迎えに行った側の日本人たちの人間模様だ。

中でも印象深いのは栄叡と普照の対比。初めから志が高く、鑑真を招くのに熱心だった栄叡は、海南島から揚州に戻る途中、広州で病死してしまう。一方、なかば成り行きで栄叡に引っ張られるかたちだった普照が、鑑真とともに渡日を果たしてしまった。しまった、て言い方はないか。

鑑真は唐招提寺を創建し、日本の僧侶らに戒を授け、ここに正式な僧侶がはじめて誕生した。日本仏教の正式な始まりだ。チベットでいえば、ナーランダ僧院から招かれたシーンタラクシタ(↓2001年タントゥク寺で撮影)がサムイェ寺で「試みの七人(または六人)」に戒律を授けたことに相当する歴史的な大事件だった。

f:id:ilovetibet:20200428181620j:plain

こうした鑑真の華々しい活躍をアシストした普照についての記録はあまりなく、没年さえわかっていない。『空旅中国』によると、海南島の三亜には、鑑真・栄叡・普照など5名の僧侶の像が立っている。また、広東省肇慶の慶雲寺には、その辺りで命を落とした栄叡が祀られているそうだ。

困るのは『天平の甍』で、情熱的な栄叡、淡白な普照といったキャラがすっかり(自分の中で)印象づけられてしまったことだ。鑑真についての記録は、没後に書かれた伝記『唐大和上東征伝』くらいしかないのだから、出来事や旅程はともかく、人物像なんてほとんど創作のはず。栄叡・普照以外のサブキャラも魅力的すぎる。司馬遼太郎同様、話が面白すぎて、史実がどうでもよくなってしまうという歴史小説の醍醐味をひさびさに実感することができた。次は『敦煌』あたりを読もうと思う。

天平の甍 (新潮文庫)

天平の甍 (新潮文庫)

  • 作者:靖, 井上
  • 発売日: 1964/03/20
  • メディア: 文庫