読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チベット式

チベットの今、そして深層 by 長田幸康(www.tibet.to)

【本】『チベット高原の不思議な自然』(村上哲生+南基泰)

チベットには「あ、キレイ」と思うような花が咲いてたり、
「何これ!?」という奇怪な植物状のものが大地にへばり付いていたりする。
とりあえず名前を知りたいところだが、チベット人に聞いても無駄だ。
植物の名前なんて興味がない。答えてくれたためしがない。
かといって日本でチベットの自然をガッツリ語った本なんて、
今までなかったんじゃないだろうか。 

チベット高原の不思議な自然

チベット高原の不思議な自然

 

本書の主役は「自然」である。
湖、川、植物、それぞれたっぷり1章ずつ。
2004年のプマユムツォから始まり、
中央チベットとコンボ周辺に5回にわたって調査に赴いた記録だ。
著者は2人の研究者だが、一般向けにかみくだいて書いてくれているので、
怖くないです(笑)。
あたりまえに見ていた湖や川、氷河、そのへんにいくらでも生えている植物が、
ここまで深いストーリーを秘めていたのか!
という驚きと感動で、ぐいぐい読み進められる感じ。
旅の苦労話とか、人々の暮らしとか、
シロートに迎合する話はほぼ無しという、潔いバランスが吉、なのだ。

そういえば、プマユムツォ。2004年にNHKスペシャルで、
チベット 天空の湖 ~標高5000メートルに生きる~』という名番組があった。
思えば、いい時代だったw
NHKオンデマンドでも見れないぽいですね。

www6.nhk.or.jp

で、『チベット高原の不思議な自然』の話に戻るが、
とにかく残念なのが、カラーじゃないこと!!
正直モノクロ写真では、せっかくの湖も氷河も植物も、なんだかよくわからない。
内容がいいだけに惜しいところだ。。
築地書館の紹介ページでは一部カラー写真が見れるんだけど。。
『チベット高原の不思議な自然』紹介ページ築地書館

あと最後にご参考☆↓
聖湖ナムツォにヤクを訪ねて(I Love Tibet!ホームページ)