読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チベット式

チベットの今、そして深層 by 長田幸康(www.tibet.to)

【本】ハバ犬を育てる話(チベット現代文学)

チベットの現代文学が続々と邦訳されている。
その最新刊がこれ。タクプンジャ氏の小説集だ。 
「実験的な手法」とか言われると身構えてしまうが、
短編が多いので、挫折しても次に行けば大丈夫(笑)。
といっても、普通に小説を読んでいる人であれば、
挫折なしに楽しめると思う。訳文もこなれていて、とても読みやすい。

ハバ犬を育てる話 (物語の島 アジア)

ハバ犬を育てる話 (物語の島 アジア)

 

チベットの文学というと、仏教絡み?とも思えるが、
冒頭の表題作「ハバ犬を育てる話」からその予想は裏切られる。
主人公はお役所勤め。
あたりまえだが、現代に生きるチベット人には、
日本人とたいして変わらぬ社会での営みがあり、
上司と部下、家庭、ご近所、男女などなど複雑多様な人間関係がある。

そんな中で、ペットの犬と飼い主の話が普通に進んでいくかと思いきや……。
読んでいくうちに、ある日本の作家を連想したが、
ネタバレになりそうなので、詳しくは書かない。
乞うご期待♪

この不条理なやりとりは何を象徴しているのか?
なんて多民族混住のチベット・アムド地方ならではの事情を
勝手に深読みすることもできるが、
チベット抜きでも、「人」の描き方には引き込まれるはずだ。
むしろチベットについて先入観をもたない人の感想を聞きたいと思う。

最後に、最近日本で刊行されたチベット文学は、こんな感じ。
こちらも是非どうぞ☆

チベット現代文学の曙 ここにも激しく躍動する生きた心臓がある

チベット現代文学の曙 ここにも激しく躍動する生きた心臓がある

 
チベット文学の現在 ティメー・クンデンを探して

チベット文学の現在 ティメー・クンデンを探して

 
チベット文学の新世代 雪を待つ

チベット文学の新世代 雪を待つ